中古車査定の価格に関する仕組み

中古車査定の価格に関する仕組み

中古車査定の価格に関する仕組みは、簡単で、中古車を売却する際、車の車種によってあらかじめ、査定相場が決まっています。

 

要するに、中古車業者は相場に合わせて価格を決めています。買取専門業者の査定価格については、カーオークション相場からコストを引いた値で、それで利益を出しています。妥当な査定価格は全国一律で自動的に決まるので、どの買取店舗でも同じ事になります。

 

 

>>素早く 現在の最高査定額を確認<<

 

 

査定の際、営業マンは自分の判断で最終価格を決めることはなく、本部に連絡して指示を受けます。本部は営業マンから車種と年式、外観、内装、機関の状態を聞いた上で、オークションやオークネットの相場を見て、査定価格を指示します。査定額を高くするには、他の車とは違う部分をアピールする必要があり、ホイールやマフラー、車高調、タワーバーなどのアピールできる装備品があると、値段が上がる可能性があります。

 

中古車査定には、査定基準価格があり、これはその店において、当月中に小売販売された中古車の価格から整備費を差し引いた原価格の平均値の標準原価格に標準状態積上額を加算して、時期ずれ修正や季節変動、在庫回転率などの修正を施したものになります。