車を売る時に必要な書類関係について

車を売る時に必要な書類関係について

車を売る時に必要な書類関係についてですが、車を売る時にはさまざまな書類が必要になります。

 

車を売る時に必要な書類関係は
◎自動車検査証(車検証)
◎自賠責保険証明書
◎印鑑登録証明書
◎自動車税納税証明書
◎実印
◎リサイクル券
などです。
印鑑登録証明書は、発行後1ヶ月以内のものが2通必要となります。
自動車税納税証明書は、有効期限があるので有効期限内のものが必要です。
自動車検査証(車検証)の現住所・氏名が印鑑登録証明書と異なる場合に必要となる書類があります。
一度、住所変更をしている場合は住民票、何度か住所変更をしている場合は戸籍の附票または住民票の除票、結婚などで姓が異なる場合は戸籍謄本が必要になります。
そのほか、譲渡証明書と委任状が車を売る時には必要ですが、これらは新たに作成する書類なので、自分で用意する必要はありません。

 

 

>>素早く 現在の最高査定額を確認<<

 

軽自動車の場合は、自動車税納税証明書の代わりに軽自動車税納税証明書が必要になります。
印鑑は実印ではなく認印でも可となります。
そのため、印鑑登録証明書は不要です。
譲渡証明書と委任状も不要で、代わりに自動車検査証記入申請書を新たに作成することになります。
車を売ろうと決めたら、これらの必要書類を準備しておくと、車を売る時に手続きがスムーズに進められるでしょう。