車買取 印鑑証明

車買取には印鑑証明が必要

車買取には印鑑証明が必要です。 車買取にはさまざまな書類が必要となります。
その中に印鑑証明があります。
印鑑証明は、普通自動車を売却する際に必要です。
普通自動車を売却する際、名義変更をすることになります。

 

名義変更の手続きは車買取店の方で行いますが、所有者以外が手続きすることになるので、委任状が必要になります。
また、譲渡証明書も必要ですが、これらの書類には実印を押さなければいけません。
そして、押されている印鑑が実印であるということを証明するために、印鑑証明が必要になるのです。
車買取に使う印鑑証明は発行後3ヶ月以内のものが有効となります。

 

印鑑証明は、車検証の所有者欄に記載されている人のものが必要となるので、もし印鑑登録をしていない場合は、車の売却が決まったら印鑑登録を済ませておく必要があります。
印鑑登録は、自宅の住所を管轄している市区町村役場で手続きできます。
軽自動車の場合は、車買取の手続きで実印は必要なく認印で大丈夫なので、印鑑証明も必要ありません。
車買取の際の必要書類も軽自動車の方が少なくなります。
普通自動車の場合は車買取で印鑑証明が必要で、軽自動車の場合は車買取で印鑑証明が不要であることを覚えておきましょう。